2019/11/9 魔の梅田乗り換え

先週、ミューの練習に向かう途中、阪急からJRに乗り換える際、
大阪駅のエスカレーターを降りる瞬間、後ろから押された。
幸い倒れずに済み、最近はカーブスで鍛えているため、筋力の成果を発揮出来たと思った。

部厚いビオラを背負っているのだから、後ろの人がもう一段下の段に乗ってくれたらいいのにと思うが、世の中一刻一秒を急ぐ人がいることも事実である。

似たようなことは7年前にも起こった。
この時は、まだ仕事をしていたため、パソコンと分厚い本を入れたリュックを背負っていた。
ビオラとは比べ物にならないほど重かった。
地下鉄から阪急に向かうエスカレーターの手前で、
後ろから、人の波をかき分けて小走りにやってきた人に斜め横に押された。
「あー、ひどい!」と思ったが、その人はあっという間に走り去った。
黒いジャンパーの後ろ姿しか分からなかった。

リュックの重みで、運の悪いことに金属の点字ブロックの上に左肩から倒れた。
腕ではなく、腕を支えている「肩甲骨か」という肩甲骨の角がもげていた。
5時間に及ぶ手術で、現在は9分どおり回復したが、
細かくて繋げない骨片は除去したため欠損ができて、なかなか骨折前の状態には戻れない。

私は今までこの事を、単に運が悪かったとしか思っていなかったが、
先週また押されてからは、こちら側にも問題があるのではないかと思うようになった。

世の中、優しい人ばかりではない。
何かを担いで、私のようにボーッと歩いている人間を見たら、
先を急いでいる人にとっては、余計にイラつきが増す状況を作っているかもしれない。
せめてビオラは、背中ではなく、片方に担いだほうがいいかも知れないと思うようになった。
【Va.H】

オーケストラ練習
19:00~21:00 上宮川文化センター2階 視聴覚室

指導
中牟田先生

練習参加者
管 Fl=0, Ob=2, Cl=2, Fg=2, Hr=1 以上7名
弦 Vn1=1, Vn2=3, Va=1, Vc=2   以上7名  合計14名

所要時間
19:03~19:40(37分)ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 第3楽章
19:40~19:55(15分)ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 第2楽章
19:55~20:25(30分)ベートーヴェン/「エグモント」序曲
20:25~20:59(34分)ベートーヴェン/交響曲第2番1楽章

椅子並べ
Cl.Mさん

おやつ
・中牟田先生より,出雲のお濃茶煎餅

「2019/11/9 魔の梅田乗り換え」への2件のフィードバック

  1. ひどい人がいるもんですなあ。特に7年前の事故はひどい!そんな怪しからん輩は罰せられるべきです。その頃なら防犯カメラがあったのでは?即警察に届ければそれなりの対応があったかもね。とは言え、背中に背負うのは傍迷惑な一面のあることは否定出来ないようです。小生はベルト左肩に掛けて左手で抱えるようにしています。

    1. ありがとうございます。当時の野田首相が、衆議院を解散した直後だったので、選挙関係者でしょう。
      警察には連絡しましたが、防犯カメラは、見てくれないと言われました。もし通り魔で、血を流しているとか、テレビで報道されてるとかだったら見てくれるでしょうが、骨折なんて見かけわからないし、命に別状ないと思っているのでしょう。

コメントは停止中です。