2020/2/15 暗譜

なんだかんだと「暗譜」をせずにチェロ弾きを続けてきてはや28年。
といって楽譜を凝視してるかといえばそういうこともなく、
演奏中は落ち着きなく(笑)

特に問題なく(?!)演奏してきたつもりでしたが、先日「ウィリアムテル序曲」という、わりと長めのソロを弾かせていただく機会に恵まれた際に「ちょっくら暗譜とやらに取り組んでみよう」と思い立ち、無事に本番を終えました。

で、おもったこと。

やっぱり、暗譜することによる演奏においてのリソース開放はめちゃ大事。演奏自由度がたかい。

当然技術的なハードルは越えてこそ見える景色なのかもしれませんが、これはなかなか楽しい。
楽器との距離も近づいた気がします。
いまさら感もありますが(笑)

気づきの機会に恵まれたことに感謝!
【Vc.T】

オーケストラ練習
19:00~21:30 夙川公民館1階 第2集会室

指導
中牟田先生

練習参加者
管 Fl=0, Ob=2, Cl=1, Fg=1, Hr=1 以上5名
弦 Vn1=1, Vn2=3, Va=2, Vc=2   以上8名  合計13名

所要時間
19:01~19:47(46分)ベートーヴェン/交響曲 第2番4楽章
19:47~19:56(09分)ベートーヴェン/交響曲 第2番3楽章
19:56~20:31(35分)ベートーヴェン/交響曲 第2番2楽章
20:31~20:42(09分)休憩&チューニング
20:42~21:06(24分)ベートーヴェン/「エグモント」序曲
21:06~21:30(24分)ピアノ協奏曲第5番 第3楽章

椅子並べ
Ob.Oさん

おやつ
・Cl.Kよりチョコ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です