ミュー室内管弦楽団 Mü kammerorchester

 
奏者の感性を尊重し、一つの音楽に織り込み、造り上げる。
そしてその喜びを、仲間と共に分かち合う 小さく家庭的なオーケストラ。それが、ミュー室内管弦楽団です。
ベートーヴェンを中心とするドイツ音楽をレパートリーとし、二管編成の交響曲を中心に演奏会を年1〜2回開催。
指揮者でホルン奏者の中牟田信先生を常任音楽監督として迎え、毎週指導を頂いています。活動拠点は西宮です。

 第20回定期演奏会 の お知らせ
  2018年6月3日(日) 14時開演 伊丹アイフォニックホール
     シューマン/交響曲第3番
     ベートーヴェン/交響曲第8番


 団員募集中です。特に弦楽器奏者大歓迎!!
 見学の申し込み、お問い合わせはメールにて
 

練習予定、練習日誌等の最新情報
 
 RSS
2018/5/19 恩師の言葉 19:00~21:00...
「例えば、お年寄りが重いドアを開けようとしたとき、あなたが代わりにドアを開けたとします。なのに、そのお年寄りからお礼の言葉は何もなかった…。その時あなたは、『開けてあ、げ、た、のに、お礼の言葉もない』と思うかもしれません。しかし、そう...
2018/5/12 ベートーヴェンのメトロノーム 19...
管弦楽の作曲とその演奏は、他者が設計図に基づき完成させるという点で建築と共通している。とりわけベートーヴェンの音楽はタワーの様な質実剛健な建築物に感じられる。必要なパーツは全て揃い、さりとて余計なパーツは一切ない。洗練された不動の構造...
2018/5/5 19:00~21:30 アミティホー...
「変わるべきか, 変わらざるべきか」 楽器の素材は、時の流れとともに変わってきた。 フリュートは銀製が主流だ。 クラリネットの管体素材である材木が枯渇するまで、あと何年だろうか? 危機感を持った某メーカーが何をしたか? ...
2018/4/28 19:00~21:30 芦乃湯会館...
「昨今、世界のあちこちが騒がしい。大変、小変、話題には事欠かない。」 昨今、世界のあちこちが騒がしい。大変、小変といろいろと話題には事欠かない。中でも言葉が同じ国同士だと、お互いの目指す方向が見えると意思の疎通に際してもストレス...
2018/4/21 伝える 19:00~21:30 芦...
ミュー室内管弦楽団では最年少女子であっても、その座をかれこれ10年ばかり守っていると、本業では後輩が増えミューのような甘えが通用する立場ではなくなってきた。 私のもっぱらの課題は“伝える”ということ。 特に拘りをもってこなしていること...