ミュー室内管弦楽団 Mü kammerorchester

 
奏者の感性を尊重し、一つの音楽に織り込み、造り上げる。
そしてその喜びを、仲間と共に分かち合う 小さく家庭的なオーケストラ。それが、ミュー室内管弦楽団です。
ベートーヴェンを中心とするドイツ音楽をレパートリーとし、二管編成の交響曲を中心に演奏会を年1〜2回開催。
指揮者でホルン奏者の中牟田信先生を常任音楽監督として迎え、毎週指導を頂いています。活動拠点は西宮です。

 第20回定期演奏会は終演いたしました。
  2018年6月3日(日) 14時開演 伊丹アイフォニックホール
     シューマン/交響曲第3番
     ベートーヴェン/交響曲第8番
 ご来場くださいました皆様、まことにありがとうございました。


 団員募集中です。特に弦楽器奏者大歓迎!!
 見学の申し込み、お問い合わせはメールにて
 

練習予定、練習日誌等の最新情報
 
 RSS
2018/9/15 弱き者よ・・は誤訳?
弱き者よ、汝の名は女なり(Frailty, thy name iswoman.)。このハムレットの名セリフが坪内逍遥の誤訳だそうだ。なのに、日本語の諺の様になっている。「弱き者よ」ではなく「脆き者よ」が正しいらしい。原文のFrailt...
2018/9/8 田園(1)
ベートーヴェンはあざとい。全分野で一番にならなきゃ気が済まなかった作曲家だったと推測するが、歌劇などの標題音楽は得意とは言い難い。それを自覚してか田園に対して「これは絵画的描写音楽では無く、感情を音楽にした音楽だ。」等と言い訳?をして...
2018/9/1 Brahms
「張りきって買った服を来た時」、「いいなぁと思ってした髪型」が、周りに、不評だったことが多々あります。 「似合っていない」と言われるのです。 逆に、自分では不出来だと思っていたものが、取り上げられることもしばしばあります。 子どもの頃...
2018/8/25 記憶
この夏、主人が1人で約1カ月、7年ぶりのドイツ、オーストリア、スロベニアの旅(半分仕事)に出ている。 今回日本で留守番の私、主人から送られてくる写真やメッセージに、過去に行った時の「匂い」がよみがえることに、気がついた。写真にある...
2018/8/11 千里の地で聴くパリの音楽夜会
私の大学の友人で、「19世紀のパリのサロンコンサート」を研究課題に文学博士号を取得し、同名の著作で自費出版文化賞 研究部門特別賞を受賞した彼女が、数年前から日本でも19世紀のパリのサロンコンサートのような音楽会形式を広められたらと奮闘...