ミュー室内管弦楽団 Mü kammerorchester

 
奏者の感性を尊重し、一つの音楽に織り込み、造り上げる。
そしてその喜びを、仲間と共に分かち合う 小さく家庭的なオーケストラ。それが、ミュー室内管弦楽団です。
ベートーヴェンを中心とするドイツ音楽をレパートリーとし、二管編成の交響曲を中心に演奏会を年1〜2回開催。
指揮者でホルン奏者の中牟田信先生を常任音楽監督として迎え、毎週指導を頂いています。活動拠点は西宮です。

 第20回定期演奏会は終演いたしました。
  2018年6月3日(日) 14時開演 伊丹アイフォニックホール
     シューマン/交響曲第3番
     ベートーヴェン/交響曲第8番
 ご来場くださいました皆様、まことにありがとうございました。


 団員募集中です。特に弦楽器奏者大歓迎!!
 見学の申し込み、お問い合わせはメールにて
 

練習予定、練習日誌等の最新情報
 
 RSS
2018/10/6 チャンドス卿の手紙
「チャンドス卿の手紙」は、1902年に発表されたホフマンスタールの作品。 ブラームスが生きた19世紀末において、ヨーロッパ文化の危機を表した文学作品として、多くの研究の対象となったらしい。ホフマンスタールはR.シュトラウス「ばらの騎士...
2018/9/29 部活動
今日、全国で中学校の部活動での活動時間を短縮する動きが広まっているらしく、私が通っている学校もすべての部活動が大幅に練習時間を減らしている。 私は吹奏楽部だが、元々吹奏楽部といえば随分鬼畜な練習時間と拘束時間で語られることが多い。...
2018/9/22 勘違い?
勘違いとは・・・[名](スル)間違って思い込むこと。思い違い。 昨日のことを思い出し、意味を調べてみた。 昨日の合奏の際、ブラームスの楽譜をチェロパートのだと思い込み、 ずっと先生に言われるまで弾いていたのは、「コントラバス」パー...
2018/9/15 弱き者よ・・は誤訳?
弱き者よ、汝の名は女なり(Frailty, thy name iswoman.)。このハムレットの名セリフが坪内逍遥の誤訳だそうだ。なのに、日本語の諺の様になっている。「弱き者よ」ではなく「脆き者よ」が正しいらしい。原文のFrailt...
2018/9/8 田園(1)
ベートーヴェンはあざとい。全分野で一番にならなきゃ気が済まなかった作曲家だったと推測するが、歌劇などの標題音楽は得意とは言い難い。それを自覚してか田園に対して「これは絵画的描写音楽では無く、感情を音楽にした音楽だ。」等と言い訳?をして...