ミュー室内管弦楽団 Mü kammerorchester

 
奏者の感性を尊重し、一つの音楽に織り込み、造り上げる。
そしてその喜びを、仲間と共に分かち合う 小さく家庭的なオーケストラ。それが、ミュー室内管弦楽団です。
ベートーヴェンを中心とするドイツ音楽をレパートリーとし、二管編成の交響曲を中心に演奏会を年1〜2回開催。
指揮者でホルン奏者の中牟田信先生を常任音楽監督として迎え、毎週指導を頂いています。活動拠点は西宮です。

 第20回定期演奏会は終演いたしました。
  2018年6月3日(日) 14時開演 伊丹アイフォニックホール
     シューマン/交響曲第3番
     ベートーヴェン/交響曲第8番
 ご来場くださいました皆様、まことにありがとうございました。


 団員募集中です。特に弦楽器奏者大歓迎!!
 見学の申し込み、お問い合わせはメールにて
 

練習予定、練習日誌等の最新情報
 
 RSS
2019/2/9 マキネッタ
イタリアのコーヒーを作る道具にマキネッタというものがある。直訳すると小さな機械という感じか。 急須のようにどんな家庭にもあるものだそうだ。(寂しいことに日本では急須の無い家庭が増えているT^T) 家ではマキネッタコーヒーの香りで一日が...
2019/2/2 花と種
ミューでの練習は草花を育てる作業に近いものだと最近思う。 花屋で求めた切り花を挿して眺めるのも楽しいが、土や肥料にこだわり自らが手塩にかけ苦労しつつ育てた花の愛しくもなんと美しい事か。 花は種(たね)を残し次の世代へ命をつなぐ。根や茎...
2019/1/26 青と自然とブラームス
青空を真っ赤に染めゆく夕焼け。 青い海を幾重にも打ち寄せる白い波。 緑の絨毯に咲き乱れる花。 緑を染め替える鮮やかな紅葉。 青虫から蛹を経て羽ばたく蝶。 自然が生み出す色の傑作は、青を基調として始まる事が少なくない。そしてその演出...
2019/1/19 サイズ
有体物には、適正なサイズがある。 体躯が巨大化しすぎた恐竜は、それ故に絶滅した。 ジャンボジェット機は最早不経済であるとされ、現役を引退した。 撮影用フィルムには、数多くの種類があったが、 適正なフォーマットサイズとして現存するの...
2019/1/12 全国お雑煮博覧会
検索すれば簡単にお料理レシピが見つかる便利な今。 個人の投稿から様々な地域や家庭の調理法を参考にして 食卓に新しい文化を取り込むのも、 キッチンでのひとつの楽しみになっています。 さて、お正月。 今年は3種類のお雑煮をいただき...