ミュー室内管弦楽団 Mü kammerorchester

 
奏者の感性を尊重し、一つの音楽に織り込み、造り上げる。
そしてその喜びを、仲間と共に分かち合う 小さく家庭的なオーケストラ。それが、ミュー室内管弦楽団です。
ベートーヴェンを中心とするドイツ音楽をレパートリーとし、二管編成の交響曲を中心に演奏会を年1〜2回開催。
指揮者でホルン奏者の中牟田信先生を常任音楽監督として迎え、毎週指導を頂いています。活動拠点は西宮です。

 第20回定期演奏会は終演いたしました。
  2018年6月3日(日) 14時開演 伊丹アイフォニックホール
     シューマン/交響曲第3番
     ベートーヴェン/交響曲第8番
 ご来場くださいました皆様、まことにありがとうございました。


 団員募集中です。特に弦楽器奏者大歓迎!!
 見学の申し込み、お問い合わせはメールにて
 

練習予定、練習日誌等の最新情報
 
 RSS
2018/8/11 千里の地で聴くパリの音楽夜会
私の大学の友人で、「19世紀のパリのサロンコンサート」を研究課題に文学博士号を取得し、同名の著作で自費出版文化賞 研究部門特別賞を受賞した彼女が、数年前から日本でも19世紀のパリのサロンコンサートのような音楽会形式を広められたらと奮闘...
2018/8/4 命の響き
 数日前、仕事で伺った皮革の作業場で、和太鼓を見せていただいた。人権問題と皮革産業。様々な人の思いに触れた研修だった。  作業場で見せていただいた修理中の太鼓は、約300年前のもので、その内側には、なんと当時の太鼓制作者の名前があっ...
2018/7/28 ヴァイオリンの夏
大人になってからヴァイオリンを始めた私。習い出してから、お休みしてた数年も合わせ、早20年が経とうとしている。子育てや仕事や介護や色んな事に追われながらなかなか進まず、猿ならぬ亀の歩みだけれど。でも、一つ言える事はヴァイオリンは奥が深...
2018/7/21 進化(1)
私事ながら今月で天命を知る歳を迎えた。 いや、あくまでもそれは孔子の場合である。 ある脳科学者の解釈によると、若い時は インプットを重視する様に設計されており、 物覚えの量も多くその時間も早い。 "十有五にして学に志す"の頃だ。 ...
2018/7/14 鼻
クレオパトラの鼻がもう少し低かったら世界の歴史は今日とは違った物になっていただろうと欧州の某歴史学者が言った。有名な話である。その真偽を検証する術は無い。 芥川龍之介は「鼻」で短編を書いた。夏目漱石に絶賛されて作家として立つ決心をした...